日通の引越しでは何回も使える梱包資材を使っているそうです

日本通運、いわゆる日通のお引越しと言ったら、エコだったり作業時間の短縮だったりで結構こだわりがつまったイメージがあるんですが、どうでしょうか。
エコロジーの観点からいうと、何回でも使える梱包資材は日通のオリジナルで作ってるんだとか。
過去自分の引越しでお皿とか新聞紙でぐるぐるにくるんだのに、ぎゅっとつめすぎちゃってひび入ってたり...なんて悲しい失敗談がありますが、日通のあのふかふかのトランクみたいな箱に入れたらそんなこともなさそうです。
ばらばらした箱なしの靴もきれいに運んでくれるそうで...これは靴持ちのわたしには地味に嬉しい。
それにこのオリジナル資材、作業時間も短縮できるそうで。
引越しって結構重労働で疲れるから、早く終わらせてくれたらその分ゆっくりできるのでありがたいです。
やっぱりこだわってますね!日通さん。
?