トランポリンダイエットの実践方法とは

トランポリンダイエットとは、ただ上方にジャンプするだけの運動ではありません。
トランポリンダイエットでの注意や運動のポイントには何があるのでしょうか。
小さなトランポリンなら、室内に問題なく設置できます。
ですが、トランポリン運動中に家具や壁に体が当たらないように、周りの配置には気をつけましょう。
始める前には足首部分や、膝などを準備体操をします。
飛び跳ねるので、どうしても負担がかかりますから、ケガ予防の為にも準備体操は必ずしましょう。
トランポリンダイエットでは、体がトランポリン運動に慣れるまでただ上に飛びます。
少し慣れてきたら、ジャンプした時に上半身を回すようにしてウェストをひねる運動を加えます。
タイミングを合わせなければいけないので、少々テクニックがいります。
腰運動を組み合わせたトランポリン運動が可能になったら、次は腕を頭上で組んでの跳躍がお勧めです。
腕を使った運動など、色々な動き取り込みながらジャンプの種類を増やしていってみると楽しいでしょう。
一通りの運動が終了したら、整理体操として足首を回してください。
これまでと違う筋肉を使うトランポリン運動では、最初のうちは筋肉痛になる可能性があります。
整理運動をしておくことで、筋肉痛の予防効果もあります。
TRFダンササイズDVD二回目の挑戦【私の体験談口コミと効果とは?】