国民健康保険の保険料を安くする方法とは?

誰もが保険料は高いと言います。
ですから、より安い方が良いに決まっていますよね。
(笑顔)保険料を少しでも安くすることって出来るのでしょうか。
国民健康保険の保険料と言うのは世帯ごとの所得に応じる「所得割」と言う事になります。
※世帯の資産に応じる「資産割」があります。
※一世帯につきいくらと言う「平等割」があります。
※加入者1人当たりいくらと言う「均等割」があります。
これらからなっています。
保険料を安くする為に考えるポイントがあります。
加入者が増えると当然保険料も高くなると言う事、保険料には上限がある事、保険料には、減免、軽減措置があると言う事、住んでいる地域により保険料に違いがある事などがあります。
所得割を減らすには、当然の事ながら所得を減らせば良いと言うわけです。
そして、出来る限り所得を減らします。
このようにして保険料を節約するようにしてください。
(笑顔)。
<会社員などが入る健康保険の場合>扶養に入っていれば保険料が掛かりません。
<国民健康保険の場合>均等割があるので扶養の有無には全く関係ありません。
加入人数が増えた分だけ保険料も高くなると言うことです。
その為、会社の健康保険などに入っている人の扶養に入れそうな時は、扶養に入る手続きをしてもらうことdすね。
それで保険料をカットすることが出来ます。
保険料の上限については、2010年の3月現在では69万円です。
どんなに所得が多い場合でも、これ以上は徴収されることがありません。
ですから、2世帯住宅などで、同居しているにも関わらず世帯を分けることで1つにまとめると保険料を安くすることが出来ます。
そう思います。
また、これは簡単には出来ませんが、保険料に安い地域への引っ越しも有効な方法と言えます。
地域では、年間で数十万円も保険料に違いがでる事もあります。
(笑顔)