NISAのメリットで一番大きいのは何?デメリットもありますか?

NISAのメリットといえば非課税ですが、その一方でデメリットもあります。

その一番の理由は損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で5年を迎えた場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座に引継ぎとなるのですが、NISAの場合、引き継いだ際に手数料はかからないのですが、その値段で新たに購入したという扱いになります。

50万で買った株が引き継ぎ時に25万円になってしまった場合、口座へ引き継ぐ際には新規で25万円で買ったという扱いになり、株価が上がって30万円で売却したとすると、25万で取得したものが30万円で売れたということになって所得が出たと判断されるのです。

ですから実際に引継ぎをする場合でも含み損がでていれば一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

こういう手間など総合的なコストを考えると実際的なデメリットと言えそうです。

NISAとジュニアNISAにはどのような違いはあるか知っていますか?通常のNISAは自分のために自分が口座開設をしてお金を出して投資するものです。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までの子供やお孫さんのために、親権者などが代理で運用していく仕組みとなっています。

NISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供や孫たちのための備えという面があります。

ジュニアNISAは原則18歳まで払い出しをすることができないという制限があり、20歳を迎えると自動的にNISA口座に変更されます。

ジュニアNISAのメリットとデメリットの制度が終わっても、継続管理勘定では20歳になるまで非課税で保有し続けることができるというのは大きなメリットですね。

NISAの口座開設を検討しているなら、まずはじめに考えるなくてはいけないことは、どこを選ぶかということでしょう。

NISA口座は一人につき一つしかもてないので、対応する金融機関の中からどこが一番いいか決めなくてはいけません。

一番おすすめなのは証券会社ですね。

数ある証券会社の中でも、特にネット証券はメリットが多く手数料が安いのでおすすめです。

あとは手数料だけではなく、キャンペーンなども合わせて検討するといいですね。

例えば売買に必要な手数料が無料になるというものもありますし、キャッシュバックがある場合もあります。

投資金額が比較的少な目であれば、キャンペーンを重視するというのもオススメです。

NISAは解約できるのかどうかは気になる方もいらっしゃると思いますが、手続き自体は可能ですからまずはご安心ください。

ただし条件があります。

それは残高があると解約ができないということです。

証券会社や銀行などによって細かい手順は違うと思いますが、廃止手続きをするための案内に従って進めることになります。

もう少し具体的に言うと、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類といっしょに送付することになります。

必要な書類は手続きを申請した段階で郵送などで送付されます。

解約しようと思えばいつでも解約できるというのは、原則60歳まで解約することができないiDeCoとの大きな違いです。

解約のハードルが低いので、その分始めやすいということにもなりますよね。

NISAで1万円から始めたいという需要は少なくないようです。

生活のバランスを崩さないように貯金もしつつそのうちのいくらかを投資に回してみる。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、少額だと何かあってもダメージが少ないのは確かですがそれだけではありません。

株式取引をメインに考えてみますと、株っていざ買うとなると1つの銘柄でも数万円から百万円近く必要になります。

こうなってくるとお金があることが実質的な条件になってきますし、投資先としてどこかの会社を選んだとしても結果としてどうなるかは神のみぞしるわけで、例えある程度お金がある人でも今までやっていなかった投資をあえてするのはやめようと判断することになります。

投資信託がメニューに入っている理由がここで分かるのですが低予算でもバランス投資ができます。

NISAによる資産形成はときどきニュースになりますし、雑誌などでも見たことがあるという人も多いかと思います。

しかしながら、実際に運用を始めるかというのは難しい問題ですよね。

預金してもメリットが少ないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減ってもいいわけじゃないですしね。

投資家ではなく、一般人が生活の上で投資を始めるときに最初に考えなければいけないのは、リスクをよりも何のためにやるのかという目的をきちんと明確にすることです。

老後にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先のことを予想してみるといいですね。

先の明るい企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

非課税という響きが魅力的なNISAのおすすめはどれでしょう?あなたが投資をするという経験が今までなかったなら、まず最初に必要な知識はNISAがどうこうではなく、投資にはリスクとリターンがコインの裏表のようについてくるということです。

これは預金と比較してどうかということではなく、リスクの発生と現実化のメカニズムについてのケーススタディをすることです。

例えば株式であればその会社の業績が大きく影響してきます。

投資信託は比較的身近な金融商品として知られていますが、投資ファンドがどういう方針で景気の変化とどう関連しているのかなどは知っておかないといけません。

その上でもう一度投資に対する考え方を整理しなおしてみるといいでしょう。

NISAとは何なのかできるだけ分かりやすく答えると、株や投資信託などの取引を活発にして家計と経済を回していくために利益がでたら非課税にしますよという仕組みです。非課税ということはそれだけデメリットが大きいですよね。

参考:NISAのメリット・デメリットは?【口座開設の前に確認!】

日本では2014年に開始した取り組みで、年間で120万円という金額が非課税で売買できる枠となります。

日本に住んでいる20歳以上という条件がありますが、1人1口座だけ持つことができます。

課税されないというのは素敵な響きですが、配当金や分配金や譲渡益といったものが対象です。

5年間までという制限があるのですが、現在保有しているも金融商品をNISA口座に移動させるということは残念ながら不可能です。

NISAと積立NISAの違いについて簡単にいうと、現物株やいろんな投資信託が扱える通常のNISAと違って、投資可能な商品が限定されています。

積立NISAは投資信託しか扱えませんが、その中でも手数料が低いという特徴を持っていて、販売手数料がゼロのノーロードであること、公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

投資上限についても年40万円までと決められていますからかなり違いがあると言えますね。

投資上限は低いですが、非課税投資枠が20年間まで最大800万円までという特徴もあります。

通常のNISAと併用することはできませんのでご注意ください。

現在契約しているNISAを別の証券会社等に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座はスタート当初より少し変更になっていて、1年に1回だけ変更可能になりました。

また、通常のNISAをつみたてNISAに変えたい場合(その逆も)があると思いますが、こちらの手続きも1年に1回変更可能となっています。

ここで心配になるのは変更前に買った株や投資信託が、変更する時に強制的に解約しなければいけないのかどうかだと思います。

しかしその点は大丈夫なので安心してください。

前年度に買った金融資産はそのまま持ち続けることが可能です。

但し、NISAの枠組み自体の制限は変わりませんのでご注意ください。

NISAのリスクには大きく分けて2種類があります。

1点目は、NISAの仕組みが抱えているリスクです。

NISAは利益に対して課税されないという性質がありますが、損失が出てしまったときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同様なのですが、NISAには5年間という期限があるところです。

期限が切れそうなときに通常の口座に移動させることはできるのですが、そのときに含み損があったとしてもそれが考慮されないというリスクがあります。

一度売ってから、再度買い戻しをすることになると手間がかかります。

そしてもちろん金融商品ですから、商品自体がもっているリスクも考えなければいけません。

NISAで5年後どうするかというのは外せないテーマです。

なぜならNISAには最長5年間という期限が決められているからです。

タイムリミットが来た時に私たちは実際に何ができるのでしょうか。

まず売却して換金するというのが一番分かりやすい方法です。

期限が切れた枠を新しい枠にする方法があります。

これらの他には通常の証券口座に移行するというのも可能です。

NISAをどのように使うのかは、投資に対する考え方は人によると思いますので言いきれませんが、含み損がでているものをそのまま証券口座に引き継ぐと、その時点で新たに買ったことになり当初の値段に戻っただけでも値上がり扱いとなることは知っておいてください。

NISAを銀行でやろうと思っている方はいませんか?いわゆるしがらみのようなものがないのであれば、取扱い金融商品が豊富で、基本的には手数料が安いネット証券がおすすめですよ。

ゆうちょや銀行などの場合、NISAについて詳しく説明してくれますから、安心できるという方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの特徴である税金を引かれないというのは、結局のところ、支払うコストが低くなることに繋がりますから、それだったら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですよね。

極力リスクを下げることも考えて銀行にするかどうか決めましょう。

NISAにはロールオーバー制度があります。

NISAには最長5年という制限が設けられていますが、5年経過した後に、その年の新たな非課税枠を使用し、移行させることをロールオーバーと呼びます。

NISAは毎年120万円と枠が決まっていますが、購入した商品が120万円を超えていても、そのまま引き継ぐことが可能です。

ジュニアNISAにつきましても、ロールオーバーの扱い関しましては基本的には同じです。

ただし、NISA自体が2023年までとなっていますので、これからNISAをはじめる人にとっては、ほとんど関係ないかもしれません。

NISAの失敗ってどのようなものか気になりますよね。

考え方自体はシンプルなので実は分かりやすいです。

失敗の原因には、NISAの仕組みによって起こる可能性があるもの、金融商品であるがゆえのリスク、NISAの仕組みを活かしきれず逆効果になってしまった場合のリスクの3点です。

NISAの仕組みによる失敗とは何かというと、期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常口座に移行させると値下がりした後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体が抱えているリスクというのは、NISAであろうがなかろうが値下がりしたら損だよねということです。

3つ目のNISAの仕組みによるデメリットについてですが、120万円の枠内におさまるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことです。