転職で資格役に立つ

終身雇用制の崩壊とともに転職の必要性が高まってきました。

また厳しい経済状況によって企業の倒産、あるいはリストラというリスクも高まっています。

そんな時に役だつのが資格。

ではとくに転職に役だつ資格にはどのようなものがあるのでしょうか。

もっとも人気の高い資格が宅建です。

不動産業務を行う場合、事務所の従業員は5人につき1人は必ず宅建資格保持者でなければならないという決まりがあります。

そのため、この資格を取得していれば不動産業界への転職が必定に有利になります。

それからTOEIC。

国際化、グローバル化によって英語力が問われる時代となっています。

とくにBランク以上の点数を取得している場合には外資をはじめさまざまな企業において転職に役立てることができるでしょう。

知名度の高い資格では簿記。

ビジネスマンのスキルアップによく取得される資格ですが、日商簿記の最難関、1級を取得していれば転職にも非常に有利になります。

また、将来的に税理士への転職を目指している人はこの資格が大きく役立つので便利です。

ほかには近年急速に需要が高まっている介護関連の資格が挙げられます。

人手不足の業界ですから、介護福祉士の資格を取得すれば転職は容易になるでしょう。

転職で役に立つ資格はまず会社員として仕事をしながら取得できるかという点も重要なポイントとなります。

勉強を継続して続けられるかどうか、労働環境なども踏まえた上で取得する資格を選択することも必要となってくることでしょう。