押し目買いとは

株をこれから始める人にとって、知っておいたほうがいい言葉の一つとして、押し目買いがあります。

この押し目買いというのは、チャートで判断して株を購入する際に使う方法の一つです。

押し目買いは移動平均線と接している部分を底値と決めて、その底値に近づいた状態や底値を少しだけ下回った状態で株を購入するという方法の事をいいます。

上昇トレンドを描いている優良な会社の銘柄であっても、いつも株価が上がりつづけているわけでは無く、買いが強い状態だったとしても、場合によっては売りの方が強くて株価が下落してしまうこともあるのです。

上昇トレンドを描いていたとしても株価は上下に波を打っているように変動することがありますから注意が必要です。

押し目買いから購入する方法としては、株価が大きく上がったとしても、移動平均線と株価の開きが出ていると移動平均線に向かってどんどん下がってくる傾向が見られると思います。

これをチャンスに利用するのが押し目買いです。

押し目買いにすればこの移動平均線に近づくまで下がっているところを購入して、後は株価が上がるのを待つということです。

しかし他のチャートで判断するときも同じですが、一般的に見る見解の一つですから、相場の状況によっても違ってくると思いますし、投資家の心の動きなどによっても株価は変動する可能性がありますから、押し目買いで株を購入すると言いというわけでもないので、最終判断は慎重に行いましょう。

外貨mmfの金利比較
外貨MMF比較ガイドで初心者の方でも安心の外貨投資を始めましょう。安定した資産運用を求めている方に。
xn--mmf-1b8e998t.tv/